大河ドラマから地域と人を結ぶアクセサリー

オリジナルシェイプ

オリジナルアクセサリーへの挑戦

大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀は岐阜県の出身です。
タイルメイドがある岐阜県の東濃地方には「明智町」という地名があるほど、由縁のある地域です。
明智光秀の家紋である桔梗紋に由来して桔梗が市の花として選ばれるほど親しまれている武将です。
タイルメイドでは大河ドラマをきっかけにこれからも長く親しまれるアクセサリーの開発に取り組みました。

プロダクトの開発

アクセサリーの出発点は家紋からはじまりました。
明智光秀を取り巻く登場人物と「岐阜県」をキーワードに明智光秀、斎藤道三、織田信長の3人の家紋をアクセサリーに展開しました。
色をどう展開するか、シルエットはどうするかなど0からの企画製作をしました。
焼き上がりの色に納得できるものになるまで試行錯誤の連続でした。
各武将のようにはっきりとした個性が際立つアクセサリーが完成しました。

https://tilemade.jp/?mode=cate&cbid=2493764&csid=2

桔梗をモチーフにしたアクセサリー展開

タイルメイドの在る岐阜県瑞浪市の市の花でもある桔梗の花をモチーフにアクセサリーを開発しました。
色は桔梗紋の水色をはじめ青色、紺色の三種類を選びました。
色作りにはたくさんの色を試作し、納得のいく色艶を出すために形作りから直すこともありました。
小さなアクセサリーにたくさんの技術が込められ可憐なアクセサリーが誕生しました。

https://tilemade.jp/?mode=cate&cbid=2493764&csid=2&page=2

新しい形へのチャレンジ

今までピアスなどの小さいアクセサリーを作ってきましたが、大きい桔梗のブローチの開発に挑戦しました。
洋服にも和服にも似合うブローチを目指して桔梗の形づくりから悪戦苦闘し試作を重ねました。
色は美しい桔梗の紺色と貫入(かんにゅう)というガラスの亀裂を釉薬の中に閉じ込めた模様をあしらい、凛とした美しさを表現しました。
大河ドラマが終わった後も明智光秀のように愛されるアクセサリーになるよう願っています。

https://tilemade.jp/?mode=cate&cbid=2493764&csid=4

タイルメイドの技術でアイデアを形にします

タイルメイドではオリジナルアクセサリー開発の技術を活かし、自社製品を作りたいなどアイデアを形作ることができます。
こんなプロダクトを作りたいというアイデアを製作・プロデュースも行っております。 オリジナル商品の開発などご相談承ります。